【13】高温期1日目!人工受精後の出血

人工受精から3日目!

ようやく高温期です。

 

今朝の基礎体温は…36.71度…。

うーん、ガクッとは上がりませんでした。

f:id:Ordinary_days:20181008100012j:image

 

 

 

排卵検査薬も無事に陰性に変わりました!

f:id:Ordinary_days:20181007224540j:image

上から、

D12 朝  陰性

D14 朝  陰性

D15 朝  うっっすら陽性 ★10時 人工受精

D15 夜  陽性

D16 朝  陽性

D16 夜  陽性

D17 朝  陽性

D17 13時  陽性

D17 17時  うっすら陽性

D17 21時  陰性

 

 

陰性になった時が排卵なので、D17の17〜21時の間に排卵したことになります。

17時の時点で相当うっすらなので、18時くらいかな?と想定してます。

 

人工受精をしたのがD15の10時頃なので、排卵の2日と8時間前くらいのタイミングだったことになります。

 

本当はダメ押しで昨日の夜もタイミングを取っておきたかったのですが それは果たせず…。

 

今回は人工受精に賭けるのみの周期になってしまいそうです😞

 

でもまぁ、受精率は排卵日よりも2〜3日前の方が高いって言うし!

 

まぁいいか。

と思うようにしました。

 

 

 

また、先日の人工受精の後、わたしの子宮から出血が続いており…。

この状況でセックスしてもいいのかな?という迷いもあったので。

 

↓人工受精の様子

 

 

この人工受精の後、20分ほど病院の別室で横になってから仕事に向かったものの、会社の最寄駅のトイレに行った際、パンツに大量の血が付いていて(ズボンにも滲み出てしまったほど)、焦りました💦💦

 

だって、タンポン入れてたんですよ💦

 

慌ててナプキンを当て、パンツとズボンを買いに行き…💦

会社に着いてこっそりズボンを洗うのは緊張しました。(更衣室に干して乾かしました。)

 

 

先生には『今日の夕方に止まると思う』と言われたものの その後も出血は続き、丸2日経ってもナプキンが必要でした。

 

もちろん徐々に量は減りましたが。

 

 

3日目の今日はほぼ出血は止まりましたが、想定外に長引いた出血にびっくりしました。

 

 

たしかに人工受精で子宮を引っ張られた時、ちょっと痛かったのですが 内臓を掴まれたような感覚はなかったんですけどね。

 

こんなこともあるんだなぁ、という感じです。

 

それにしても人工受精のたびにこの処置が必要になるなら、ちょっと厄介かもしれないなぁ…😓

新たに発覚した子宮後屈という症状。

 

やっぱり不妊の原因はわたしなんですかねぇ。。

 

 

 

初めての人工受精の効果は気になるものの、正直そんなに確率が高くなるとも思っていないし、がっかりしたくないので期待もいつもと同じくらいです。

 

 

ここ1週間はお酒も結構飲んでいたのですが、排卵もしたことだし、少しずつ控え、温活にも気をつけようと思います!

【13】初・人工受精!!

初めての人工受精をしてきました。

 

 

先生からの指示では明日でしたが、明日は午前中にお客様とのアポイントもあり休めないので、今日、お願いすることになりました。

 

前回、夫が乏精子症と診断されて人工受精に踏み切ったわけですが、先生いわく『もちろん、たまたま悪かっただけ、ということもある』らしいので、再検査も兼ねての人工受精。

 

 

夫には前回受診後に『金曜日に人工受精お願いしてきたよ!』と伝え、快諾。

 

昨日の夜は夕食を食べながら『明日精子出させられるんだよ〜』とブツブツ言っていましたが『たくさん食べて元気な子をお願いね(^ ^)』と笑顔でスルー。笑

 

緊張して(?)、夜中に目が覚めたそうです。笑

 

 

そんな夫も無事に任務を果たしてくれました✨

(朝起きて15分でスッキリ出せる夫…しかもなんだか満足気でびっくりでした)

 

『頼むよ!』と言われ今度はわたしの任務。

 

例により検体カップを肌に当て病院へ向かいます。

今日はブラジャーの中にこっそり入れてみました。

 

上着を羽織る季節になってきたので、全然目立ちません✨

これ、むしろ真夏はみんなどうしてるんだろう?!💦

 

 

ちなみに、先生の指導より1日早めての決行にやや不安もあったので、今朝も排卵検査薬を試しました。

 

f:id:Ordinary_days:20181005091357j:image

上から、D12、D14、そしてD15の今朝のものです。

 

写真だと違いがわかりづらいのですが、今朝、うっっすらですが陽性になりました!

 

先月は陽性になって1日くらいで陰性になってしまったので、わたしの場合排卵検査薬が反応するのが早くないのかもしれないし、丁度いいかもしれません。

 

と期待しつつ。

本当のところはべつにどっちでもいいんです、妊娠できなきゃ一緒です。笑

 

 

ちなみに基礎体温

f:id:Ordinary_days:20181005091713j:image

順調に低温期を彷徨ってくれています。

 

 

 

そんなこんなで病院に着きました。

 

病院は、前回受診の際に朝イチの予約がいっぱいだから、と9:30の枠を取って頂いたのですが、『精子がとれたら予約に関係なくなるべく早く持ってきて』とのことだったので、開業時間の9時に着くように行きました。

 

やっぱり鮮度が重要なんですかね。

 

 

 

受付し、別室に呼ばれてカップを渡し、待つこと40分くらい…。

 

診察室へ呼ばれ、いよいよ人工受精です…!

 

 

と、その時先生から驚きの一言。

 

『ご主人、こないだとは別人みたいにいい結果だったよ』

『これなら自然妊娠もできる数値だよ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えええええええ?!💦

 

 

 

まさかの告白。

なんと、前回の10倍の精子がいたようです…!✨

 

『え、別人だったのかな…💧』

 

と漏らしたら先生と看護師さんが爆笑してました。笑

 

 

どっちが正常なのかわかりませんが、こんなに波があるのも珍しいと言われつつ、諦めないで普通の性生活も取ってください、と言われました。

 

 

うううううううれしい…✨

 

 

 

 

 

 

とは言え、今日は人工受精をすると決めて来ているので、任務は遂行します。

 

卵胞は20ミリに育っていて、頸管粘液も出てるし、タイミングいいね!とのこと。

 

よかった〜😭😭😭😭😭

しかしなんか 前回落としてからうまくいきすぎてないか…?!

 

 

期待に胸ふくらませていると、

注射器を持った先生がなにやら『う〜ん…』と唸りだしました。

 

『子宮後屈が酷くて卵巣まで届かないなぁ…』

 

 

 

え〜〜〜〜😫😫😫😫

 

 

ブログ等で聞いたことはある、“子宮後屈”。

要は子宮が後ろにグッと傾いてしまってるよ、ということらしいのですが、そのせいで先生の注射器も奥に入らず…。

 

 

結果、

『ちょっと痛いかもしれないけどごめんね』

と言われ チクッと痛み(耐えられるくらい)がした後、完了。

 

 

『子宮後屈が酷かったので子宮をグッと掴んで手前に引っ張りました』

と言われました。

 

そのせいで掴んだところから出血してしまい、看護師さんにお尻をふいてもらうというちょっと恥ずかしい展開…苦笑。

診察台から降りるとお尻の下にも鮮血がダラリ。

 

とりあえずタンポンを入れて処置完了です。

 

先生いわく、今日の夕方には出血は止まると思うけど、2〜3日続く場合もあるそうです。

 

 

まぁとりあえずいいです、任務は無事に遂行できたし。

夫もまさかのいい結果だったし😭✨

 

 

 

希望が持てるだけうれしいです。

 

 

先生からは、

『今日のご主人の結果だったら期待できるし、今週日曜日くらいにもダメ押しでタイミング取ってみて!』

とのこと。

 

 

そしてわたしの子宮後屈については、

『今回もしダメだったら、一度ちゃんと子宮の位置を確認させてください』と言われました。

 

今後の治療計画に影響があるらしいので。

 

 

子宮後屈は子宮内膜症と併せて発症することも多いそうなので、やっぱり内膜症は天敵ですね…。

 

 

無事に人工受精が完了した後は20分ほど横になって、抗生剤を貰って終了。

 

心配していた費用は、12960円と 想像の半額✨

相場2〜3万円と思っていたので嬉しい誤算でした。(処置に差がある可能性もあるし、一概に比べられるものではありませんが)

 

 

とりあえず、無事に初めての人工受精ができたこと、そして思いがけない結果が聞けたことに喜びを感じつつ、ちょっとだけ期待しながら、、、、仕事😩!!!

 

 

はぁ〜…

 

いやいや、働くママになるべくがんばるぞ〜!

 

 

 

 

memo

◼︎1/24 初診・経膣エコー検査 2880円
◼︎2/7 経膣エコー検査・血液検査 3240円
◼︎2/21 血液検査 3410円

◼︎2/28 MRI 検査 10270円

◼︎3/2 検査結果問診、経膣エコー 2270円

 

◾︎9/24 精液検査 2120円

◾︎10/3 経膣エコー 2650円

◼︎10/5 人工受精 12960円

 

 

人工受精にトライすることにしました

夫と話し合い(というか半ばわたしが一方的に?🙄)、人工受精にステップアップすることにしました。

 

まずは少しでも可能性があることにトライしてみたいですから✊🏻

 

 

今日はそのことを伝えるために病院へ行ってきました。

 

わたしは不妊治療専門のクリニックではなく、内科診療も行なっている産婦人科で診てもらっていて、先生は患者に治療方針を押し付けるようなことはしません。

 

『こっちがいいんじゃないかな』

『急激にというわけにはいかないけど、可能性はあがるよ』

と人工受精を勧めてくれるものの、

『まぁ自然に授かりたいという考えのご夫婦もいるから』

と あくまでこちらに判断を委ねるタイプ。

 

(そのへんは医師の立場からしても難しいところなのかも?)

 

 

わたしはもはや人工受精に抵抗はないので、すぐに『やりたいです』とお願いしました。

 

 

卵胞チェックをして頂き、右に16.7ミリの綺麗な卵が育ってることを確認。

左はお休みだそうです。

 

内膜も8ミリと順調に育っていました。

 

 

わたしは子宮内膜症卵巣嚢腫(チョコ)がありますが、今のところ排卵はきちんとしているようですし、少し安心しました。

 

 

 

先日の精液検査の際に人工受精の話が出たので、夫の精液内に菌がいないか検査に出して貰っていたのですが、すべて陰性ということで

『うん、まさに人工受精に向いている症例だね』

とのこと。

 

精液濃度は低いものの、幸い量はそこそこあったようなので、濃縮しやすいそうです。

 

なるほどなるほど、と話を聞きつつも、ここまできたら先生にお任せです。

 

 

今朝の時点で卵胞が16.7ミリだったので、早ければあと2〜3日で排卵するでしょうとのこと。

 

 

先生は『金曜日にもう一度診て、土曜日にやろう』と言ってくださいましたが、わたしは土曜日も仕事なので(そして土日はお客様との打ち合わせが多いので休みづらい)、金曜日にやることにしました!

 

パッと行ってパッとやってくれるならともかく、少なくとも1時間は濃縮を待つわけで  時間も読めないし。

 

 

先生は金曜日の人工受精について

『ん〜少し早いかもしれないけど まぁいいんじゃない?』

とのこと。

 

 

 

というわけで金曜日に初人工受精が決まりました!✨

 

 

ま〜ステップアップしたからといっていきなりうまくいくとも思いませんが…

 

少しは前進できたと思って前向きな気持ちです!

 

 

よーし、とりあえず出来るところまで、がんばるぞ〜〜

 

 

 

 

 

結果は次回まとめます。

 

 

memo

◼︎1/24 初診・経膣エコー検査 2880円
◼︎2/7 経膣エコー検査・血液検査 3240円
◼︎2/21 血液検査 3410円

◼︎2/28 MRI 検査 10270円

◼︎3/2 検査結果問診、経膣エコー 2270円

 

◾︎9/24 精液検査 2120円

◾︎10/3 経膣エコー 2650円

夫の反応とこれからのこと

やっと実現した夫の精液検査の結果、なんと男性不妊だったことが判明しました。

 

いや、わたしも子宮内膜症だし、両方ともダメだった、ってことですが。

 

 

↓検査のこと

 

 

 

 

夫の精子の診断は、いわゆる、【乏精子症】。

 

つまり、精液の中に、精子の数が少ないということ。

 

具体的には、精子の数が1ml中1,500万未満の場合、「乏精子症」と診断されるそうです。

 

この精子の数(1ml中1,500万未満)はWHOの基準だそうですが、夫の結果は400万程度。

 

運動率だとか奇形率だとか、そういうところまでは聞けませんでしたが、自然妊娠は難しいと即断されました。

 

 

 

 

夫には、当日電話で伝えました。

帰宅してからでよかったのかもしれませんが、わたしも気が動転して、なぜだかすぐに『時間あったら電話して』とラインしてしまいました。

 

 

ふだん日中に電話することなんてほぼないので、夫は心配そうな声で電話をかけてきてくれました。

 

夫の反応は、

『そっかぁ…』

 

驚いてそれ以上言葉は出ないようでしたが、わたしもびっくりしていたところなので気の利いたことは言えず…。

 

 

とりあえず『まぁやれることやろう。がんばろう』という前向きな話をして、電話を切りました。

 

本当に前向きになんて とてもなれなかったけれど。

 

 

 

 

その後、詳しくその話をしたわけではないけれど、2〜3日後にふざけた会話をしている際に突然『おれと離婚しないでね』と言ってきたので、夫なりにも少しは不安な気持ちがあったのかもしれません。

 

離婚なんて。

子どもができなくたって、夫が好きな気持ちは変わらないのに。

(でも、妊活に非協力だったら考えちゃうかな)

 

 

 

わたしはわたしで、診察後はかなりショックを受けていたようで、仕事をしていても、テレビを見ていても、どこかモヤモヤした気持ちが消えません。

 

 

タイミング法で一年ちょっとトライしてきた時間、その度に傷ついてきた時間、それが無駄なことだったと言われた気がしたのです。

 

 

 

そして一番不安に感じたのは、仕事との両立。

 

自然妊娠は難しい。

 

つまり、最低でも人工受精以上の治療をしていくことになります。

 

 

卵胞チェックでさえ煩わしく感じた通院を、これから毎月毎月、終わりがいつ来るかもわからないのに続けていく。

 

仕事がなければいいかもしれないけれど、フルタイムで、しかも代わりのきく職種でもない。

 

休んだら休んだ分仕事が溜まるだけ。

自分がお客様の信頼を失うだけ。

 

 

職場の人には妊活の話を出来たとしても、まさかお客様には言えないし。

 

かと言って妊娠できる保証もないのに異動なんて嫌だし。(今の会社の事務職はやりたくない)

 

 

と、まだ始めてもいない治療に対して大きな不安が押し寄せてきました。

 

自然妊娠は難しいと言われて今さらこんなふうに不安に思うなんて、わたしも心のどこかでは『子どもになんてそのうちできる』と思っていたのでしょうか…。

 

 

 

まだ、正直戸惑っていて、今後どうしていこうかは決められていません。

 

自然妊娠が難しいのであれば、とりあえず今月からは人工受精にトライしたい。

 

そして半年様子を見て妊娠できなければ、体外受精の前にわたしの子宮内膜症の手術をするのはどうかな、と思っています。

 

 

まだ、夫とは具体的に話せていないし、圧倒的に知識量差があるので『どうする?』と聞いたところできっと無駄です。。。

 

 

 

 

とりあえずは、D13の明日仕事がお休みなので、少し早いとは思いつつ卵胞チェックに行こうと思います。

 

詳しい結果を聞けたらいいな。

 

 

 

夫の精液検査を受けてきた〜結果を聞く〜

前回記事の続きです。

 

 

昨夜、『明日夫は頑張ってくれるのだろうか』という不安な思いを抱きつつ、夫に検体カップを渡し、『無理だったら今度でいいよ』と伝えて先に就寝しました。

 

本当に指定された時間に出せるかどうか、夫の気が変わるんじゃないか、最後まで半信半疑でしたので、ダメだったらまた今度でいいや、という気持ちでした。

(受けると言ってくれただけでまず満足していたので。)

 

 

夫は『忘れないか心配〜〜😗💦』と言いながら机にカップを置き、寝ました。

 

 

わたしは今日は会社が休みなので今朝は夫が先に起きたのですが、いつもより30分くらい早起きして、わたしが寝ている間にがんばってくれたようです…✨

 

 

『出たよ〜〜!!はい!!人肌であっためて!!!』

と うれしそうに まだ寝ているわたしのパジャマの中にカップを突っ込んできました。

 

明るく振舞ってくれたのは夫のやさしさであることは気づいていますが、気づかないふりをして、『そんな変な起こし方しないでよ〜😆💦』とだけ言っておきました。

 

 

はじめての精液検査なので、先生に説明は受けたものの いざとなると あれ?これで合ってる?💧と不安になることは多々ありました。

 

人肌であっためて持ってきて、と言われたものの、家の中ならともかく外に出たら服の中に何かを大切そうに隠してる女って怪しくない…?💧🙄

 

結局スカートのゴムの下に挟むように持って行きましたが、モッコリ状態だし…。

 

 

そもそも、そういえばたしか先生に『検査受けたいときは出来れば前日から当日に事前に連絡してね』と言われた気がするのに、してない…!!

 

昨日が祝日で、その前も日曜で病院が休みだったし、今朝は朝一番で行ったので電話しても繋がらず…💧

 

連休明けの診察に、ほぼ突撃の状態で行くことになってしまいました。

 

 

バスで向かったので、最寄りのバス停に着いたとき、『検査受けたいのですがあと5分で着きます』と言い 困らせてしまいました…🙄💦

 

『えっあっ、ちょっと待ってくださいね…💦』

と明らかに困惑しているのに、それでも快く受け入れてくださった病院の対応に感謝です。

 

 

病院に着いたら着いたで、わたしは透明のジップロックに入れて行ってしまったので、『受付で丸見えの状態で出すのか?!💦』と焦りました。笑

(茶封筒とか用意すればよかった!)

 

 

しかも、夫の保険証を持っていくのを忘れてしまったので、10割負担になってしまうというおまけ付き…😅💧

(月内に後日改めて持っていけば戻ってきます)

 

 

結論としては、受付後、待合室ではなく別室に案内され、そこで先生に渡し、すぐに見て頂くことができました。

 

鮮度が大事なので、先生は診察の合間をぬって私を顕微鏡のある部屋へ連れて行って下さり、『一緒に見る?』と言ってモニターを見せてくれました。

 

注射器で精液を採取し、顕微鏡のプレパラート(?)へ。

 

先生は注射器のメモリを見ながら、

『精液の量は普通だね。正常だけど、多くはないかな』と言いました。

 

2〜5mlが正常範囲だけど、今回ぴったり2mlくらいらしく、まぁ良いでしょう、とのこと。

 

 

そしていよいよモニターに精子が映し出されると、先生は間を空けずに言いました。

 

『これは、ご主人が原因ですね』

 

 

 

 

 

え……?

 

 

 

 

『ほら、ここのメモリの中に、15匹以上は動いてる子がいないといけないんだけど、これは明らかに少ないね…。4匹くらいしかいない。結果は明らかだよ』

 

 

モニターには、小さな粒粒と、チョビチョビ動く何匹かのおたまじゃくしくん…。

 

初めて見たので、それが多いのか少ないのか全くわかりませんでしたが、先生はキッパリ言いました。

 

『この結果じゃ、自然妊娠は難しいと思う』

 

 

 

頭が真っ白になりました。

 

 

 

 

そんな結果もある程度予想していたはずだけど、わたしは自分に原因があるんだと思っていたし、びっくりして、全然質問もできず、帰ってきてしまいました。

 

 

まだ、心の整理がついていませんが、人工授精、それ以上のステップアップが、急に身近な存在になったようです。

 

 

夫が帰ってきたら、よく相談してみます。

 

 

夫の精液検査を受けてきた〜ここに至るまで〜

今日、念願叶って夫の精液検査を受けることができました✨

 

結果については改めて書きたいと思いますが、今回はここに至るまでの道のりについて触れたいと思います。

 

 

わたしは2年前に初めて婦人科を受診し、多嚢胞性卵巣症候群の疑いと診断され(その後、卵巣膿腫、子宮内膜症と判明)、子どもは出来づらいかもしれないと言われました。

 

その当時はまだ仕事が楽しくて、治療に踏み切るには少し時間もかかったけれど、初診の時から『旦那さんの検査も1回した方がいいよ』と言われ、ずっと受けてほしい思いはありました。

 

 

でも、検査の話をすると夫はいつも不機嫌になりました😢

 

妊活に必死になる妻を煙たく思っているようで、ため息をついたり、その場から逃げたりされ、その度にわたしは たった1人で通院し、検査をしている自分に、孤独感と虚しさでいっぱいになりました。

 

 

タイミングについても夫も今ほど協力的ではなかったので、自分だけが仕事を調整して通院して検査して、不安になったり焦ったりしながら夜は拒まれる日々に、何度泣いたことか。

 

夫のことが大好きだから、もし本当に子どもができないなら、それはそれで2人で生きていく。

でも、それは結果論であって、やれることはやりたいのです。

 

そして、その“やれること”は、わたし1人ではできないのです…。

 

 

 

妊活を始めた当初は、この夫婦間の温度差が本当に辛くて辛くてたまりませんでした。

 

徐々に夜のタイミングは伝えられるようになっていったものの、精液検査については言い出せない日々が続きました。

 

 

忘れた頃に冗談めいて話をしてみるも、撃沈という日々が続き、その度にもどかしくてたまりませんでした。

 

 

加えてわたしは子宮内膜症があり、手術も勧められています。

(5センチ以上だと手術、という嚢腫がわたしの場合4センチ、しかもいくつもある)

 

わたしに原因があるなら手術を受けたいけれど、もしかしたら夫に原因があるかもしれない。

そうなれば手術も無駄になってしまう…⚡️

 

と、自分側の判断もできないことにもやもやしていました。

 

 

 

幸い、今年の春頃からでしょうか、

なぜだか夫が協力的になり、チャンスウィーク(排卵期)を自分から聞いてきたりするようになったため わたしのもやもやは晴れていったのですが。

 

そして今回、3週間ほど前でしょうか、いつものように数ヶ月ぶりにさりげなく精液検査の話をしてみたところ、『受けてもいいよ』との返事が。

 

驚きました。

 

 

驚きのあまり、それ以上具体的な話ができず、その場は終了💦

 

なるべく重荷に感じて欲しくなかったし、またやりたくないと言い出すんじゃないかと不安で また何も言い出せない日々が続いたものの、わたしは自分の診察の際にこっそり先生に相談し、検体カップを入手。

 

いつその時が来てもいいように整えていました。

 

 

そして、先週、『来週子宮頚がんの検診結果もらいに病院にいくから、その時一緒に検査受けてほしいな』と伝えたところ、『まかせろ!』との返事。

 

今日に至ります。

 

 

 

精液検査を意識し始めて2年。

妊活を始めて1年ちょっと。

ようやくここまできました。

 

 

 

夫が拒んでいた理由は はっきり聞いたわけではありませんが、ひとつは『そこまでしなくても出来るだろう』という思いがあったこと、そして『夫自身が病院に行かなくてもいい』ということを知らなかったことじゃないかな、と思います。

 

1年以上できず、ようやく夫自身も『あれ?』と思い始めたのかな、と。

 

そして、検体で検査できることを伝えた時、『えっ、そうなの?!』という反応をして、そこから前向きに変わったような…。

 

 

意外と夫側も、治療に対する知識がないことが原因で、変な偏見や思い込みがあって拒んでいるだけかもしれません。

 

 

(そもそも不機嫌で逃げられていたので話しようがなかったといえばなかったのですが、)冷静に知識だけ、情報だけを伝えられていたら、もう少し早く検査も受けられたのかもしれません。

 

 

とりあえず、

一歩前進できたこと、夫が協力的になってくれたことに満たされました。

 

夫、ありがとう。

 

 

 

 

結果は次回まとめます。

 

 

memo

◼︎1/24 初診・経膣エコー検査 2880円
◼︎2/7 経膣エコー検査・血液検査 3240円
◼︎2/21 血液検査 3410円

◼︎2/28 MRI 検査 10270円

◼︎3/2 検査結果問診、経膣エコー 2270円

 

◾︎9/24 精液検査 2120円

 

 

夫と箱根旅行

高温期15日目の深夜、予想通り寝ている間にリセットしました😵

 

 

12周期目は、仕事が忙しくてバタバタしていたのと、夫の親族側の相続うんぬんでゴタゴタしていて 高温期も妊活妊活せずに過ごすことができたと思います。

 

 

そんな高温期真っ最中だった先日、夫と一泊二日の箱根旅行に行ってきました。

 

 

わたしと夫は仕事の休みが違うので長期休暇以外はなかなか旅行も行けないのですが、今回はたまたまわたしが休みがとれたので三連休の中日の宿を4日前に探すという無謀な計画を実行しました💦💦

 

温泉でのんびりできれば行き先は車で行けるところならどこでもよかったので、関東近郊の温泉地を片っ端から検索。

 

結果、ビジネスホテル以外でのんびりできそうな空いている宿はどこも一泊3万円超え/人 ばかり。。

 

2人で一泊6万円以上なんてさすがに💧

(よほど気に入った宿とか、記念日ならともかく、思いつきの旅行ですから)

 

 

そんな中で唯一予算内でみつけた箱根の宿に一泊してきました。

 

品の木 一の湯

という仙石原の宿です。

https://www.ichinoyu.co.jp/shinanoki/smart/

f:id:Ordinary_days:20180924184936j:image

 

キャンセルが出たのか知りませんが、直前割で少し安くなっていました。

三連休に、二食付きで、小さいけれど部屋に露天風呂もついて、1人16000円。

 

 

高いっちゃあ高いけど、三連休に箱根の温泉宿でこの値段なら、まぁ許容範囲です👛

 

この宿はガラスの森美術館星の王子さまミュージアムが徒歩圏内の立地です。

 

緑に囲まれていて、とても気持ちが良かったです✨

 

わたしたちは突然の旅行なので本館の小さなツインルームしか空いてなかったのですが、客室露天風呂付きの別棟もあるみたいです。

大勢で行くなら別棟もよさそう(^ ^)!

 

↓私たちが泊まったツインルーム

f:id:Ordinary_days:20180924185408j:image

 

じゃらんで予約して、口コミには色々不安なコメントもあり、まして三連休直前に予約が取れてしまうということに若干の不安を抱きながらの宿泊でしたが、全く不満はありませんでした!

 

f:id:Ordinary_days:20180924185220j:image

別部屋のお風呂ですが、こんな感じの小さな露天風呂がついています。

 

(写真はすべてホームページからお借りしています)

 

 

 

もともとわたしたち夫婦は旅行が好きで、年間でかなりあちこち行く方だと思いますが、遠出する旅行は宿よりも観光メインなので、今回のような 観光をろくにしない、ただのんびりするだけの旅は久しぶりでした。

 

おかげで超久々に排卵期以外に夫といい雰囲気になれたり…😘笑

 

 

とーってもリフレッシュできました。

 

 

今月もまたリセットしてしまったのですが、妊活以外で満たされていると、気持ちが少し楽ですね。

 

せっかく子どもがいないので、大人同士でゆっくり過ごす旅行、ちょっとお高いいいレストランとか、たまには行くように心掛けたいな、と思いました。

 

 

よし、来月もがんばるぞ〜✨