呑気な夫と焦る嫁の妊活

妊活を始めて半年。
ことごとく撃沈してきました。

夫は呑気な性格で、
『こどもは欲しいけど、おれは〇〇ちゃん(わたし)と結婚したんだから、もしできなくてもそれだけで充分だよ〜』
と言ってくれます。

もちろんわたしも、こどもが出来なかったとしても夫と結婚してよかったと思っているし、そんな風に言ってくれる夫に感謝しています。


そんなわたしたちが妊活を開始したのは半年前つまり今年の7月。

これにはわたしたちなりのこだわりがありました。


それは…
早生まれは避けたい❗️
ということです。

夫は4月生まれ、わたしは5月生まれで、小さい頃は“特に努力しなくても何でもまわりより出来た”という、なんともまぁくだらない自負があります(^_^;)

『すごいね〜
もうできるんだね〜
お兄さんだね〜』

の言葉たちはずいぶんわたしたちの心に自信を植え付けてくれたようで。笑


授かれればいつだって嬉しいには変わりありませんが、できれば春〜遅くても秋生まれくらいがいいね〜と、なんとなく共通認識で考えていました。


だからこそ、4月生まれを狙っての、7月妊活解禁❗️笑

くだらないと思われる方も多いとはおもいますが、わりと大真面目でした。


しかしそんなうまくはいかず、そうこうしているうちに9月生まれまでのチャンスを逃してしまった今月。

夫が言い出しました。

『次でダメだったら、早生まれになっちゃうから、半年我慢ね。』


………………。


おいおいおいおいっっ‼️(O_O)


ただでさえ1年に12回しかないチャンスを、夫は半分にしようとしています‼️💦

そりゃあ、わたしも早生まれより春〜秋生まれがいいな〜と思っていたけれど。

早生まれって、1〜3月生まれじゃない?!
下半期もだめなの?!(O_O)


夫の思わぬ発言にびっくりしてしまいました。


半年間、毎月毎月 期待と撃沈を繰り返して来たのに少々疲れてしまったこともあり、自分が妊娠できるか自信もなくなってきたため、もう早生まれがどうとかじゃなくて早く我が子に会いたいな…と考え始めていたわたしには、ガツンとくる発言でした(O_O)💦

病院どうこうではなく、まずは夫との話し合いから始めないと、だめかもしれない…💧


またわたしの妊活にひとつミッションが増えました(^_^;)


まあ…夫のこういうところはダメなところでもあり好きなところでもあるので、いつか子どもが生まれたら こんなのんびり大らかな子になってくれたらいいな、という気持ちで、これからも夫と向き合っていきます。

さぁ、がんばろっと😅