【共働き夫婦の帰省事情】月イチで顔を出している夫の実家と長期休暇しか帰れない嫁の実家、それでも正月お盆は夫の実家で過ごすべきか

あけましておめでとうございます(^ ^)🎍✨

バタバタの年末を過ぎ、ゆったりした気持ちで2018年を迎えることができました。


今年は結婚してから2回目のお正月。

わたしは田舎出身で、夫は関東。
わたしの実家へは新幹線を使っても2時間くらい、夫の実家へは電車で40分くらいです。(ドアtoドアだと、もう少しかかる)

結婚すると当たり前に発生する、
お盆や年末年始をどちらの家で過ごすか問題❗️

問題というほどではないのですが笑

 

 

結婚する前は、実家大好きなわたしは友達と遊びに行くこともほぼ無く、休みになればまっすぐ実家へ帰り、めいっぱい実家でダラダラ過ごしていました。


大学から家を出ているので、かれこれ10年ちょっと経ちます。

 

たまに帰ったときの家族の喜びようは、こちらまで嬉しくなるほど。笑

 

両親はともかくも、とくに我が家は祖父母が健在で同居しているので、孫(わたし)が帰ってくるとなると何日も前からずっと指折り楽しみにしているそうです。

 

正直わたしも、両親だけだったら友達と旅行とか、旦那と旅行とか、予定を入れていると思います。

 

祖父母がいるからこそ、そして年々弱っていく姿を見て「来年は一緒にいられないかもしれない」と思うからこそ、出来るだけ帰ってあげたいなぁと思うわけです。

 

(実際は、そんな風に思い始めてから何年も元気ですが笑)

 

 

大学生時代は2ヶ月に一回くらい帰っていましたが、社会人になり、結婚し、なかなか時間が取れなくなってきました。

 

とくにわたしは勤務形態が連休ではない(平日と日曜日)、さらにアポが入れば振替出勤(しかもこれがかなりの頻度)なので、時間も読めないことが多く、予定が経ちません。

 

よってお盆、GW、年末年始くらいしか帰れないことが増えました。

 

どこへ行っても高いし、実家でのんびり、グータラしているだけでみんなが喜んでくれる。

実家最高です。笑

 

 

一方、夫の実家へは月に一回程度、遊びに行っています。

電車を乗り継いで1時間弱くらいなので気軽な距離ではないかもしれませんが、充分日帰りもできるし、丁度いい距離感です。

 

夫の家族はみんないい方ばかりで、わたしのことも可愛がってくれるし、かと言って気遣い過ぎず、とても居心地が良くてほんとうに大好きです(^ ^)❗️

 

義姉が子どもを産んだときは、夫抜きでひとりで遊びに行かせて貰ったほど、夫の実家への抵抗感はありません。

 

(結婚するまで夫の家族に会ったこともなければ 家族の付き合いについて考えたこともなかったので、これはうれしい誤算でした)

 

 

夫の家族もたまに顔を出すととても喜んでくれるので、わたしも自分の実家のように、たくさん遊びに行ってあげたいと思っています。

 

 

しかし、今年の年末年始、

どっちの家で過ごす?

という話になった際、わたしは一抹の不満を抱いたのです…

 

月イチで帰っている家と、

年に2〜3回しか帰らない家なのに、

夫の実家だからと言ってそちらを優先しなければいけないのか⁉️

 

と…。

 

 

『嫁に行くとはそういうこと』‼️

と言えばそれまでなのですが、なんせ実家のじじばば愛が止まらないわたしにしてみれば、なんとも寂しい気持ちでいっぱいになってしまったのです…。

 

 夫の家族は大好きなんです。

姪っ子もかわいい。会いたい。

でも、でも、今じゃなきゃだめ⁉️と…。

 

ちなみに去年の年末年始は、わたしの実家で夫も過ごしました。

結婚式を都内で執り行ったため、わたしの田舎の親族たちの中には来られなかった方もおり、紹介と挨拶を兼ねて年始の親族の集まりに連れて行ったのです。

 

しかし今年はそれも必要ない。

 

夫も夫の家族もやさしいので、

『どっちでもいいよ』と言ってくれるのですが、これがまたわたしを悩ませる‼️←贅沢者

 

『こっちにしなさい』と言われたらどんなに不満だろうと答えは決まっているわけですが、今は選択を託された状態。

 

なんだか嫁としての資質を試されているような気持ちになっていきます…(>_<)

 

 

もやもやした気持ちのまま、年末の繁忙期にそれどころではなくなり、しばらくほったらかしに。

 

クリスマスを過ぎた頃、わたしの実家から『正月はどうするの?』と催促があり、実家に帰りたいけど迷っていることを話すと『嫁に行ったんだから向こうの実家で過ごしなさい』と言われ、悲しい気持ちで思わず『じゃあもうそっちには帰らない‼️』と電話を切ってしまいました。

 

クレームまみれの繁忙期で毎日いっぱいいっぱいだったので、余計に。

 

甘えていると言えば甘えているし、嫁としての自覚やら、それこそ資質という面ではダメなんだと思います。

 

でも…

でも……

 

わたしだってふだん一生懸命働いてるんだよ、

わたしだってお母さんに会いたいよ、

お母さんはわたしに会いたいって言ってくれないの?

 

と、変な思考にハマってしまい、

結果、反発した手前 夫の実家で過ごすことになりました。

 

年末〜年越しを夫の実家で過ごし、

年明けにわたしの実家にも顔を出しました。

 

 

そして年末年始を終えて思うこと。

 

夫の実家で過ごしてよかった。

です。笑

 

 

思えば、日帰りできる距離のせいで夫の実家に泊まったことは一度もなかったし、

去年までは夫の兄弟も実家にいたものの今年は家を出てしまっていて 義両親2人だけの年越しになってしまうところだったし、

寂しくないね、と、義両親だけでなく義兄弟も喜んでくれました。

 

そしてわたしの思考も、

まあ、喜んでくれるならいっか😌、となったわけです。

(うじうじしていた年末はなんだったのか…!)

 

 

 

この問題については今後も毎年悩みそうな予感がしていますが、今思えばやっぱり自分のことばかり考えてしまっていた気がします。

もっとお互いのこと、お互いの家族のことを思い合って、その時々の決断をした方がいいな、と実感しました。

 

お義父さんお義母さん、

未熟な嫁でごめんなさい。

 

 

これから長い年月をかけて、ほんとの家族になっていきたいです。