【8】高温期3日目💧??:抗アレルギー薬の影響??

先日予想よりも5日ほど遅れて高温期に移行したかと思った体温が、再び下降を始めました。

 

基礎体温

f:id:Ordinary_days:20180206122645j:image

 

これではむしろ2日前の高体温がイレギュラーで、いまだに低温期のようです。。。

 

先月もそうでしたが、高温期に入ったであろう時期にも体温が上がらず、ズルズルと低温〜高温の中間を行き来するようなグラフになっています。

 

お医者さんには卵は育っていると言われたけれど、やはり排卵すらしていないのでしょうか😢??

 

妊活を意識し始めて生活リズムを整え始めた7月頃から、基礎体温グラフが徐々に綺麗になっていくのがとても嬉しかったのですが、年末頃からどんどん崩れて来ています……💦

 

年末は結構忘年会に行ってしまっていたのでそのせいかな〜と思っていましたが、年明けの先月も そして今月も、あまり改善されていないような…。

 

 強いて言えば一昨日は夫と家で酎ハイを一缶、昨日は会社の飲み会でグラス2杯ほど飲酒はしました。

でも以前はその程度でここまで気になるようなことはなかったです。

 

 

先月と先々月のことは置いておいて、ここ最近のことだけ言えば心当たりがもう一つ。

 

アレルギーの薬を飲んだことです。

 

 

わたしはアトピー持ちで、アレルギー体質です。

アトピーに悩む方々に比べれば程度は軽い方だとは思いますが、汗をかく時期やストレスが溜まった時など、身体中に湿疹と、痒みが出ます。

 

ひどくなると眠れなくなったり、かきむしってしまい血が出てくることも。。。

仕事をしていても服の中に手を入れたくて仕方がなくなってしまったり等、支障がでます。

 

そして最近もややその傾向があり、止むを得ず皮膚科で処方された薬を服用しました。

 

タリオン錠という抗アレルギー薬で、体内のヒスタミンなどの生成や働きを抑え、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの鼻炎症状や皮膚のかゆみを改善してくれる薬だそう。
アレルギー性鼻炎や、じんましん、皮膚疾患に伴うかゆみの治療に用いられるこく一般的な薬です。

 

皮膚科にはずっと通っているものの 少し良くなると薬を飲まなくなり、またひどくなると通う…という典型的なダメな患者なのでなかなか完治せず(^_^;)💧

おかげで 処方されたのに飲まなくなったタリオン錠が家にあるのです。(数ヶ月前のものなので、そんなに古いものではありません)

 

↓タリオン錠

f:id:Ordinary_days:20180206125443j:image

 

 

この薬自体は数年前からちょくちょく飲んでいるので とくに副作用等は感じていなかったのですが、妊活を開始してから処方していただいた際、念のため『妊娠しているわけではなく妊活中だけど、飲んでも大丈夫でしょうか?』と確認しました。

 

今思えばあくまで皮膚科の先生なので正しいのかさえ不明ですが、『タリオン錠自体はそんなに強い薬ではないし、妊娠が発覚する前の超初期の段階ではほとんど影響がないので問題ない』との回答でした。

 

『念のため、妊娠がわかったら服用をやめてね』とのこと。

 

それで わりと安心して飲みました。

(もともとわたしは神経質ではないので …妊娠発覚するまではいいやと思い カフェインやアルコールすらあまり気にしてません…🙄)

 

 

今回基礎体温が上がらないことをキッカケに気になって検索してみましたが、気になる記事を発見。

頻度は0.1%のようですが月経異常という副作用があるようです。

 

あまり過敏になってもよくないので過度に気にしたりはしませんが、全く影響がないとも言い切れないということですね。

 

原因不明で体温が上がらないよりも、可能性でも理由がわかっていた方が妊活ストレスはないです❗️

 

とりあえず、この抗アレルギー薬を原因と思って、しばらくグラフの推移を見守ってみようと思います❗️