卵巣嚢腫の診察:血液検査

先日紹介状を持って受診した新しい医院で卵巣嚢腫の診断を受け、今日は引き続き経過観察診療に行ってきました。

 

↓先月の初受診はこちら。

 

 

前回の診察からちょうど2週間です。

(本当は排卵確認のため4日後くらいに来るように言われたのですが仕事と医院の休みの都合で今日に。)

 

お天気もいいし、最近運動不足だし、今日は歩いていくことにしました。

我が家から早歩き(ウォーキングのつもり)で30分。

じんわり汗をかき、マフラーを外すほど。運動したってほどではないけど、往復一時間。ちょうどいいくらいです。結構バカになりません❗️

 

 

話は逸れましたが…

わたしの病院では水曜日は予約制なのでほとんど待つことなく診察していただけます。(水曜休みでラッキー🌟)

 

 

先生『その後変わりありますか』

 

わたし『とくにありませんが、強いて言えば基礎体温がぜんぜん上がらないんです』

 

先生『そう。じゃあ排卵していない可能性も含めて、もう一回見せてね。』

 

前回に続きタイツとパンツを脱ぎ、診察台へあがります。

先生がエコーを見せていろいろ教えてくれました。

 

先生『う〜ん…右側はなんとなく排卵したように見えなくもないけどねぇ…。それよりやっぱり腫瘍が左右両方あるのが気になるから、一度ちゃんとMRIを撮ってはっきりさせた方がいいと思うよ。』

 

わたし(MRI…⁉️)

 

先生『とりあえず今日のエコーだけじゃ排卵したかどうかもわからないから、血液検査だけさせてくれる?』

 

私『は、はい…!』

 

 

そうして血液検査をしました。

(横になってくださいと言われたので まさか子宮に針刺すとかだったらどうしよう😱⁉️と焦りましたが、そんなことはありませんでした笑)

 

 

先生『排卵していると黄体ホルモンというホルモンが出るので、今日の血液検査でわかります。それでダメだったら、今週期は排卵していないことになるから、また来月のことを考えましょう。』

 

先生『あとは卵巣嚢腫の方も、腫瘍マーカーと言って 血液検査でわかる成分が出るので、それで結果が出たらMRIを撮りましょう。

あなたの場合エコーで見る限りは 皮様嚢腫か、チョコレート嚢腫の可能性が高いと思う。ほとんど場合は腫瘍自体は良性だけど、妊娠しづらくなるのは事実だから、手術した方がいいかもね。

とりあえず今週末に結果が出ると思うから、電話して。』

 

 

難しい単語と手術という言葉の恐怖に半ば焦りつつも、先生が冷静なので わたしも至って落ち着いて話を聞けました。

 

前回卵巣嚢腫と聞いて多少検索していなかったら、腫瘍名など絶対覚えられないです😳苦笑

 

でも、わたし、未だになんだかヒトゴトのような気分です…💧

 

 

 

 皮様嚢腫とチョコレート嚢腫についてはまた検索魔になってしまいそうですが、とりあえず週末の結果を待ちます。

 

悪い結果じゃありませんように……(>_<)