風疹の予防接種をしました❗️💉

先日の抗体検査の結果、抗体がないことが発覚したため、本日予防接種に行ってきました!

 

受けよう受けようと思ってはいたものの、いざとなると『また妊娠出来るのが遅くなる…😔』という不安から、やや足ぶみしてしまいました。

 

子どもを早生まれにしたくないという夫の意見を尊重し、4〜6月の妊活をお休みすることになったわたしたち夫婦。

そう言われても踏ん切りがつかなかったのですが、意を決して行ってきました!

 

↓抗体検査の話

 

 

自宅から歩いて10分の病院へ。

今朝予約の電話をしたところ、『今からでもいいですよ』と言うのでそのまま行きました。

 

電話口で、『当院では風疹単体のワクチンはないのでMRワクチンでもいいですか?』と聞かれました。

 

わたしも先日の抗体検査を受けた際に話を聞くまで知らなかったのですが、一口に風疹の予防接種と言っても 風疹単体のものと、風疹と麻疹の混合ワクチン(MR)の2種類があるようです。

 

言葉の通り、風疹ワクチンは風疹のみの予防接種、MRワクチンは風疹と麻疹(はしか)の両方の予防接種となります。

 

どっちがいいのかな?

と調べてみましたが、混合ワクチンになった分効果が半分ずつになるとかそう言うわけではなく、純粋に“一回で2つの予防接種ができる”というお得なもののようです。

 

(たとえば過去に麻疹にかかったことがあるとかで、片方だけ抗体があるような方が単独ワクチンを選択するようです)

 

わたしは風疹も麻疹もかかったことがないので、迷わずMRワクチンの接種を決めました。

 

はしか、流行ってるみたいですしね。

 

 

病院では受付に行って問診票を記入し、同時に体温も計測するように言われました。

(わたしが行った病院では37.5度以上では予防接種を受けられないそうです)

 

問診票と一緒に ワクチンの副作用等の注意書きも読むよう言われ、まじめに読み込んだところ 副作用のひとつに『不機嫌』と記載があり、思わず笑ってしまいました。

 

(夫へ伝えるととてもショックを受けて突然『注射痛くなかった?💦』『愛してるよ!』とご機嫌取りのラインがきました。笑)

 

 

診察室に呼ばれ 院長先生と1分程度の問診を受けた後、別室で注射を打ってもらいました。

 

採血は健康診断や産婦人科でも時々していましたが、予防接種はかなり久しぶり…。

痛かったらどうしよう、と今さら怖くなったりもしましたが、看護師さんが持ってきた注射器が小さいことに安堵。笑

 

上手だったのか、一瞬で終わりました。

 

余談ですが採血は肘の内側でしますが予防接種は肩のやや下あたりに打つのですね。

たしかに小さい頃の予防接種はそうだったな、と懐かしんでいるうちにあっという間に終了。

 

お会計をしようとしたところ、8600円と言われたので 『あれ?』と思い『助成金を申請しているはずなんですが…』と伝えると どうやら受付の方がわかっていなかったようで、問診票も助成金申請用の別の物をもう一度書くように言われました。

 

5分ほど追加で待たされ、無事に助成金分値引かれた2600円をお支払い。

 

助成金ってありがたい…❗️✨

この6000円を自腹で出すって結構イタイので…ありがたいの一言に尽きます。

 

 

そんなこんなで無事に予防接種を受けることができました。

抗体がつくのは4週間後くらいらしいです。

 

それを加味して、2ヶ月間避妊するようにとのことなんですよね。

 

はあ〜〜、打ってしまった。

 

はあ〜〜、2ヶ月がまん。

 

 

がんばるぞ、、、❗️