お休み期間を過ごしてみて

4月から早生まれが嫌な旦那様の希望により今月まで妊活をお休みしているわたし。

その間に風疹の予防接種を受けたりと 有効に使ってきたつもりですが、最近はものすごーく心にゆとりがあります。

 

最初こそ『お休み期間なんて勿体ない…』と 躊躇しまくったものの(毎日そのことばかり考えていた笑)、今はお休みしてよかったなぁなんて思っています🙂

 

 

自己流の妊活を始めてもうすぐ1年。

まだ1年と言う人もいるかもしれないけれど、自分の中ではすごく長い1年でした。

 

わたしの中では 妊娠できないこと そのものもそうですが、どちらかというと常に仕事への影響が頭から離れず、『今月妊娠したら決算月の仕事ができない』『このお客様は難しいタイプなのに引き継ぎになってしまったらどうしよう』と、矛盾した思いに強いストレスを感じ、自分自身戸惑うことが多かったです。

妊娠したい気持ちがある限り仕事を思い切りできない気がして、ものすごく苦しくなりました。

 

そして妊活開始直後頃は夫も今ほど協力的でなくタイミングも取れなかったことも強いストレスでしたし。

 

もともと真面目な性格も手伝って、妊活を始めるとなると何をすれば良いのか調べまくり、いいと聞けば試してみたり、基礎体温も1年半ほど1日も欠かしたことがなく、自分で自分を追い込んでしまった部分もあったかもしれません。

 

そのうち“妊娠したら…なんて考えてたけど、全然しないぞ”ということがわかり(笑)、あまり先のことを考えるのを辞めてからはずいぶん楽になりました。

 

最近は、お休み期間ということもありますが妊活を意識したことは基礎体温を測ることくらいで、他は悠々自適な生活を送っています。

 

お酒も飲むし、運動はそこそこ、葉酸サプリも飲んでないし、おなかを出して寝ちゃうこともあるし、夜更かしするし、仕事中はキンキンに冷えた飲み物ばっかり飲んでいるし。もちろん残業もバリバリしてます。

 

みなさんのブログやSNSを見ているとかなり気を遣って生活されていて、わたしなんかが妊活中と言うのはすごく失礼なことなんじゃないかと思ったりもしましたが、そう思うこと自体もストレスだったので今は気にしていません❗️

完全に開き直ってます。

 

でもこういう風に思えるようになったのも このお休み期間期間があったから。

 

気にしないようにと思っても排卵日って気にしてしまうし、高温期後半はソワソワして眠りが浅くなったりとか。

“気にしないようにしているのに気にしてしまうストレス”もあったり。笑

 

いざ少し離れてみると、なんだかやっぱり妊活はストレスだらけだったことに気づきました💧

 

お休み期間前はものすごく未練タラタラで、予防接種する当日の朝まで夫に『ほんとにいいの?ほんとのほんと???』としつこく付きまとったりしてましたが、予防接種という明確な理由があることによって、このお休み期間中も自分を責めることも焦ることもなく過ごすことができました。

(口約束だけのお休み期間とか、無期限だったらもっと焦ってたと思います)

 

だからと言ってべつにお休み期間を設けた方がいいですよ なんてアドバイスする気は全くなくて、やっぱりチャンスは無駄にしたくないし、大好きな夫との我が子を早く迎えたい気持ちは山々です。

 

 

なので来月から再開できるのは本当にうれしい限りですが、あくまでわたしの場合は、まぁ過ぎてしまえばあっという間だったし、お休み期間も悪いことばかりじゃなかったな、とも思います。

 

お休み期間じゃなくとも、常に心にゆとりを持っていたいな、と思いました。