続・仕事でモヤモヤした話

先日、仕事でお客様に言われた一言にモヤモヤした話を書きました。

 

 

 

この時は 妊婦のお客様(のお母様)に『あなたも女性なんだから妊婦の娘を気遣って』と言われてひどくモヤモヤしたのですが、今日、このお客様にまつわることで、社内の上司に対して またモヤモヤすることがありました。

 

 

先日、上述したとおりの内容でお客様にお叱りを受けた際、わたしは傷ついたものの、それなりに反省をしました。

たしかに妊婦の奥様に対して配慮がなかったな、と。

 

それから、わたしは奥様が一番気にされている子どものことをよく考えるようになりました。

 

わたしは住宅の現場監督の仕事をしていて、このお客様は来月お引き渡しなのですが、来月は奥様の出産予定日でもあります。

 

子どもが生まれてしまったら お支払いや事務手続き等、自分が思うようには動けないと思います。

(ご主人様は仕事で超多忙なのでなかなか頼ることができないそう)

 

 

お客様へ早めに案内をすることはもちろんですが、もしもの事を考えて上司にも事情を説明しました。

 

弊社にも毎月のノルマがあるので、引き渡しができない(翌月になる)というのは簡単にはできません。

それは承知していますし、上司には『わかった、そうは言っても頑張って引き渡ししてこい!』と言われるのはわかっていました。

 

ですが、その時上司(50代男性)に言われたのは、

『出産って言ったって、1週間もすれば退院するんだから、入金くらいできるでしょ』

『言っとくけど、妊娠も出産も病気じゃないんだからね?』

というもの。

 

挙げ句の果てに隣の席にいた別の管理職(50代男性)に同意を求め、その上司までも

『そうだね。たとえ帝王切開だったとしても3日くらいしか変わらないしね。』

とか言い出して。

 

正直、わたしは驚いて固まってしまいました。

 

 

顔色ひとつ変えずにこんなことが言えてしまう上司の人柄に、ちょっぴり引いてしました。

 

この上司には子どもがいませんが、妊娠出産に対してそういう風に思っているタイプなのか…と。

 

もし万が一わたしが妊娠しても、出産しても、子どもがいて復帰しても、そういう風に見られるんだな、

もし、つわりで辛くて休みたくなっても、『妊娠は病気じゃない』って思ってるんだな、と。

 

 

わたしの会社はそれなりに大きいので福利厚生も制度もきちんとしていますし、産休も育休も、その他の有休も申請すれば確実に取れると思います。

 

でも、直属の上司がどういう考えの人なのかどうかって、結構大きいと思うんです。

(産休も育休も 仕事に穴をあけるので迷惑はかけてしまうし、上司もぶっちゃけた話 困ってしまうのは理解してます)

 

 

わたし自身は妊娠できる気配がないので  こんな心配をしたところで杞憂に終わるかもしれませんが、なんだかとってもガッカリしてしまったので思わず書いてしまいました。

 

 

 

 

上司や会社に怒られたとしても、せめてわたしだけは、会社よりも、奥様と生まれてくる赤ちゃんにとってベストな形に導いてあげられるよう、頑張りたいと思います。